ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルを貯めようと決意!その他趣味など・・・

【スポンサーリンク】

沈まぬ太陽

ANAではなくJALがモデルなんですが、みなさんWOWOW見ましたか?

沈まぬ太陽』すごくいいドラマでした!山崎豊子さん(白い巨塔など)の作品なのですが、原作は全5巻です。

そもそも、映像化が難しいと言われてきましたが、先に映画が誕生しました。しかしながら、超大作であるが故に放映時間を3時間にしても、原作と変更しないと収まりませんでした。例えば配役の兼任です。

登場人物を減らすために、違う人物2役分を一人に担当させたりしたのです。なので、複雑な癒着や駆け引き、人物の苦悩・孤独が少し薄れてしまってるようにも感じます。

俳優は豪華ですよ。渡辺謙さんと三浦友和さんですからねぇ。

 

今回のドラマは上川隆也さんと渡部篤郎さんが恩地と行天です。

個人的にはドラマの方がいいですね。やっぱり映画では、この大作は収まりきらないのではないでしょうか。キャストは映画が若干勝っているかもですが、ドラマもなかなか力が入っていました。

 

登場する団体も実在の会社や政党をモデルにしているものばかりです。JALカネボウ自民党社会党などです。山崎豊子さんの作品にはけっこう多いですよね。白い巨塔も阪大ですし、華麗なる一族三井住友銀行(の前身)です。

そんな作風ですからリアリティがあり、実話と結び付けたりもあり、グイグイ引き込まれます。

 

恩地と行天は大学も同じ同級生で社宅も一緒、そして労働組合の委員長と副委員長という所から別々の道を行くというストーリーです。

組織の階段をのぼる行天と、人に寄り添う恩地。白い巨塔もそうでしたが対極の二人です!ぜひ見てください。

 

ちなみにアフリカまでビジネスで一人11万マイルです。

時間は約20時間ですね(◎_◎;)

でも、日本から離れれば離れるほど、文化や習慣や景色が変わるので、全く見たこともないものを見るなら遠くへ行かないとですね。

長期のフライトになるほど航空会社には、頑張って空の安全を守って頂きたいです。

 

そういえば、この本がきっかけで日本の航空業界が変わったとか、変わってないとか・・・。航空機の整備に関してや、経営体制が議論されたとか・・・。少なくとも政財界の利権の闇に、一石を投じたことは間違いないでしょう。

 

わたくし、このドラマのエンディングが大好きで、いつも最後まで見ていました。サントラとアフリカの壮大さがマッチしていて、ドラマの余韻と合わさっていつも切ることができませんでした。

アフリカの地平線に沈む太陽をいつかこの目で、マイルで、見に行きたいと思います!

 

 


にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ

【スポンサーリンク】