ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルを貯めようと決意!その他趣味など・・・

【スポンサーリンク】

北朝鮮情勢が不安定です。戦争なんて嫌だ!

基本的に『こういう事』は書かないようにしてるんですが、とっても晴れた青空を見ていると『こんな日が奪われるのは嫌だ』と感じてしまいます。

なぜ戦争は無くならないのでしょうかね?

 

本日9日の『北朝鮮の建国記念日』には何かが起こると言われています。たとえば『カリアゲの暗殺』なんて事も言われいます。

私は『暗殺』に反対です。もし失敗したら相手が『確実に報復』に出るからです。それが『ミサイル』なのか『核』なのかわかりませんが、日本が巻き込まれるのは不可避です。

成功したとしても『イスラム国』みたいな国ができるかもしれません。勝手な私見ですが『北朝鮮』の方がマシに思えます。

 

『イスラム国』関連のニュースを見ていると、よくガレキの中で生活する人が映されています。そして、銃声の音と空爆映像。

ガレキの中の病院に運ばれてくる『血まみれの子供』や『手足の無くなった重傷者』と一緒に流される泣き声や悲鳴。

街の風景も無機質な『白っぽい一色』のガレキまみれの建物ばかりです。

そんな風景を見ながら『数週間・数日前までは私と同じような生活をしていたのに・・』と考えてしんどくなっていました。

 

今はガレキの建物ですが、前は『スーパー』や『飲食店』が並んでいたでしょうし、『美容室』や『被服店』などのオシャレを楽しむ店もあったでしょう。

『アラブの春』が始まった頃は、世界が民主主義に染まっていくようで『独裁国家からの解放』に興奮しました。ですが、シリアなどの『独裁国家』の力が弱まると『権力の空白地帯』にあの勢力は現れました。

結局、ロシア・アメリカ・シリア・クルド人・イスラム国がそれぞれの思惑で暴れまわり、大勢の一般人が被害にあっています。

 

現地の人はどう思っているのでしょう?『独裁国家』であっても『安定していた頃のほうが良かった』と思っていないのでしょうか?

難民となり『ギリシャ』を目指して『ゴムボートで地中海を渡る人』が大量に出て、数えきれない人が溺死しているニュースを見るたびに思っていました。何のための『民主化運動』だったのでしょうか?

たしかに『民主主義』は素晴らしいと思いますが、基礎に『しっかりした教育』があって初めて可能な制度なのかもしれません。

 

欧米諸国とイスラム圏の戦争は『宗教戦争』ですから意味はわかりますが、『無宗教』の私には目に見えないもので自爆までする気持ちは理解できません。

そもそも日本人には理解できないのかも知れません。前提となる『宗教』をどれだけの人が信じているのでしょうか?

日本人にとっては『ありがたい』ぐらいの感覚の神様が、欧米やイスラム圏では『国家の基幹』です。

ナチスがユダヤ人を迫害した理由のひとつも『イエスキリストを殺したのがユダヤ人』だからです。信仰の度合いが違い過ぎて理解できません。

そもそも、同じ神様を崇めてるはずなのに『予言者』が違うだけで殺しあうのも分かりません。

 

まぁ、何が言いたいかというと『自分たちが良いと思っているものが正しいとは限らない』ということです。価値観の違いは譲り合わないといけないのかも・・・。

北朝鮮はたしかに『ならず者国家』で放置できませんが、圧力・威嚇・挑発の先には『戦争』が起こってしまうかもしれません。もうすでに『核保有国』となってしまった事実は変えれないので、対話の道を探してほしいと思います。

今日が無事に過ぎますように。

 

 


にほんブログ村


マイレージランキング

【スポンサーリンク】