ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

【スポンサーリンク】

アメックスのポイントをANAマイルに交換しました!年内移行を考えてる方は急がないと間に合いませんよ!【注意点や来年からの交換上限を解説】

2019年の1月1日から、ANAマイルに交換できるアメックスのポイント『メンバーシップ・リワード』の年間移行ポイント上限が40,000マイルに下がってしまいます。2018年なら年間80,000マイルまでが移行可能のため、手数料が5,000円(税別)掛かったとしてもアリかと思い交換してしまいました。(メンバーシップ・リワードについてはコチラ⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net 

来年ならこの手数料もポイントで支払えるのに、なぜ私が現金を支払っても移行したのか、実際の移行手順なども含めて解説させて頂きます。

なぜ2018年中に移行したのか

この理由は簡単です。2019年からは年間の移行上限が40,000マイルに変更され、移行できるポイント数は半分になるのに手数料は全く同じだからです。マイルに対する手数料の負担は倍になっているので、なんだか凄くもったいない気がして交換しちゃいました。

もちろん、2019年からは手数料をポイントで支払うことが出来るので現金の支払いが無いというメリットはありますが、40,000マイルの移行に5,000円(税別)が掛かると考えると今の方がお得です。(2018年なら1円で16マイル交換できるのが、2019年は1円で8マイルですからね。詳細はこちら⇩)

f:id:mmmmfly:20181130161705p:plain

f:id:mmmmfly:20181130161710p:plain

もちろん私は『メンバーシップ・リワード・プラス』に加入しています。

2019年からの移行手数料

決まったものは仕方がないですからね。2019年からの変更点を知って対策を考えましょう!まずは一覧で確認してください!

f:id:mmmmfly:20181130163256p:plain

f:id:mmmmfly:20181130170614p:plain

2019年からは『メンバーシップ・リワード・プラス』に加入の場合、1ポイント1円で登録費という名の手数料に充てることが出来ます。全てをポイントで支払っても大丈夫ですし、最小の3,000円分だけをポイントで支払って残りは現金でもOKです。

ちなみに、個人的にはありがたい変更と思っています。移行上限が下がったのは悔しいですが、幸い『相互紹介』で結構ポイントを持っていますので、現金での支払いが0円で済むという喜びの方が上です!(相互紹介とはこちら⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net 

今までは現金の支払いが嫌でANAマイルの交換は考えていなかったのですが、今後はANAマイルも視野に入れることが出来そうです!ちょっとセコイですけどね(^^ゞ

ちなみに、プラチナの方は2019年からは無料です。羨ましい!

f:id:mmmmfly:20181130164405p:plain

注意!ANAコースは自動更新です!

これ重要です!ANAコースに一度登録すると、以降は自動的に毎年更新されてしまいます!大量のポイントを保有されてる方は毎年交換するかもしれませんが、コツコツ貯めて交換する場合は数年ごとにまとめて交換するほうがお得です!

その場合、アメックスに電話をして更新を止めましょう。更新の停止は電話のみの受付です。(再開はウェブからでOK)

2018年中に移行をする場合の注意点

2018年中に移行する場合に重要な点は『年末年始移行受付期間』が決められており、早ければ2018年12月16日までに申し込まないと移行できません!年内に移行を考えてる方は急がないと間に合いませんよ!

f:id:mmmmfly:20181130162240p:plain

アメックスのポイントをマイルに交換するならANA一択か?!

ちなみに私は、アメックスのポイントは基本的にBAマイルに交換しようと思っていましたが、来年以降はANAが第一優先になるかもしれません!なぜなら、アメックスのポイントはANA以外のマイルに交換する場合『1,250ポイント=1,000マイル』の80%移行となっているからです!(メンバーシップ・リワード・プラスに未加入の場合2,000ポイント=1,000マイル)

よって、40,000マイルの移行には50,000ポイントが必要になりますが、ANAは手数料を含めてポイントで支払ったとしても、40,000マイルに必要なポイントは45,400ポイント(消費税8%の場合)で済むので、どのエアラインよりも交換率が良いことになります。

ただし、ANAマイルは年間40,000マイルを移行した場合でも10,000マイルを移行した場合でも同じ手数料が必要なので、30,000マイル以上の交換からがオススメです。

実際の移行手順

正直、めっちゃ簡単なんで迷う事もないかと思いますが別記事にしています。ぜひご参照ください。 

www.mmmmflyhateblo.net 

まとめ

いかがでしたでしょうか?2019年からの交換上限を考えると、年内に交換した方が全然お得に感じませんか?もし交換してみようと思ったのなら、受付期間に気を付けてくださいね!早ければ2018年12月16日までで終了となってしまいますよ!

2019年以降は他のエアラインより交換率が良くなりますので、私はANAも視野に入れていきたいと思います!まぁ、ANAマイルは他の方法で大量に貯めれるので微妙なところはあるんですけどね(笑) 

www.mmmmflyhateblo.net

ただ、アメックスのポイントは交換が簡単なので魅力は絶大ですね!それに、ANAアメックスなら交換上限も無いですからオススメですよ! 

www.mmmmflyhateblo.net

  


にほんブログ村


マイレージランキング

 

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net  

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net

【スポンサーリンク】