ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

ANAスーパーバリューとアーリーの違いとは!ANAの新料金プランを解説!

【スポンサーリンク】

f:id:mmmmfly:20190107150923j:plain

ANAの旅割はANA SUPER VALUE(スーパーバリュー)という名前に変わりました。さらに、今回の変更に合わせてANA SUPER VALUE EARLY(スーパーバリューアーリー)も誕生し、ANA FLEX(フレックス)やビジネスきっぷと合わせて表示されると何が何だか分からなくなりますよね。

今回はANA新運賃の内容を分かりやすく解説させて頂きます。

名称の変更・解説

新運賃の『ANA FLEX(フレックス)』『ANA VALUE(バリュー)』『ANA SUPER VALUE(スーパーバリュー)』とは、以前の『片道運賃・往復運賃』『特割』『旅割』が名称変更した形になっています。

f:id:mmmmfly:20190107151348p:plain

ただ、スーパーバリューには種類が沢山ある事や、ここにANAマイレージクラブ会員限定ANA SUPER VALUE EARLY(スーパーバリューアーリー)が入ってきた事によって何が何だか分からなくなるのです。

ですが、重要なのはどれが一番安く何が違うのかが知りたいだけですよね。ザックリとした料金イメージはこんな感じです。

f:id:mmmmfly:20190107153905p:plain

スーパーバリュー75一番安く、フレックスが一番高くなるイメージです。(アーリが載ってませんが後で解説させて頂きます)

では、スーパーバリュー75からフレックスまでを解説させて頂きます。

スーパーバリューとは

スーパーバリューとは前もって予約を確定させることで安く購入できるサービスです。スーパーバリュー75なら75日前までに予約すればOKですし、スーパーバリュー21なら21日前までに予約すれば安い運賃が適用されます。(その代わりに予約の変更はできません)

そんなスーパーバリューの人気は高く、予約も年に2回、運航ダイヤ期間ごとの一斉発売となっているため、予約したい日によっては争奪戦となりますので注意が必要です。

※夏ダイヤ(3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日)ご搭乗分:1月下旬頃発売予定
※冬ダイヤ(10月の最終日曜日~翌年3月の最終日曜日の直前の土曜日ご搭乗分):8月下旬頃発売予定

ちなみに、搭乗予定の55日前までなら1区間につき430円の払戻手数料だけでキャンセルできますが、それを超えると取消手数料として運賃の30~100%の費用が発生します。ご注意を。

バリューとは

内容はスーパーバリューと同じですね。予約期限が3日前1日前に変わっただけです。(細かい部分は違いますが、ほぼ同じです。ただ、前もって予約するならスーパーバリューを活用する方がお得です)

フレックスとは

そんなに使う人はいないかもしれませんが、フレックスとはかなり自由の利く予約サービスです。予約は搭乗の355日前9:30分からでき、予約の変更も可能です。予約期限も当日までとなっており、出発前までは取り消し手数料も掛かりません。

とっても自由がききますが料金は割高です。ある日の金額を紹介させて頂きます。

f:id:mmmmfly:20190107211405p:plain

ぶっちぎりで高いですよね。当たり前ですが、一番自由の利かないスーパーバリューが一番安いです。(なかでも75が最強)

ビジネスきっぷ(おまけ)

こちらも結構安いので気になる方がいらっしゃるかと思い、解説させて頂くことにしました。

簡単に言うとANAのクレジットカードを持っている本人が、同一路線を2回(例:羽田ー伊丹などの往復か羽田⇒伊丹などの一方向を2回)搭乗する場合に利用可能となっています。あくまでカード会員本人限定ですので、夫婦で1回ずつ利用などもできませんし、片道1回だけの利用もできません。

スーパーバリューアーリーとは

スーパーバリューアーリーとはANAマイレージクラブ会員限定のサービスです。(ANAマイレージ会員は無料登録できます)

そして、一番気になるスーパーバリュースーパーバリューアーリーの違いは、予約開始の日時です。スーパーバリューは年に2回の一斉発売ですが、スーパーバリューアーリーは355日前の9:30分から予約開始です。(フレックスと同じですね)

ちなみに、搭乗予定の55日前までなら払い戻し手数料さえも不要でキャンセルできます。(超えると取消手数料として運賃の30~100%の費用が発生します)

ある日の金額はこんな感じです。

f:id:mmmmfly:20190107224413p:plain

355日前から予約できるサービスの中では最安です。なんとなくイメージできましたか?活用方法としては、絶対に押さえたい旅程を早くからキープしておき、55日前までにお得な料金プランが取れたらキャンセルするという事も出来そうですね。

ただし、乱用・悪用は禁物です。モラルはもちろんですが空席予測で金額が変動するため、乱用するとドンドン金額が上がっていき自分の首を絞めることになりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?価格面ではスーパーバリューが最安だと思いますが、必ず押さえたい便がある場合などにはスーパーバリューアーリーは便利ですよね!

地方在住者の国際線は羽田や成田での乗り継ぎもあるので、国内線 特典航空券のブラックアウト(予約できない日)に乗り継ぐ場合などは活用したいところです。しっかりと理解すれば、新運賃プランは強い味方となってくれるでしょう! 


にほんブログ村


マイレージランキング 

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net  

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net

【スポンサーリンク】