ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

ANAカードは何枚持てる?保有枚数の上限と注意点まとめ!

【スポンサーリンク】

f:id:mmmmfly:20190302172934p:plain

ANAカードは同時に複数枚を保有することが可能です。なぜ複数枚を発行するのかと言うと、ANAカードの入会特典を利用して大量マイルを獲得したり、毎年更新するたびに貰えるボーナスマイルを獲得する為に複数枚の保有を考える人がいるからです。

今回は、そんな複数枚の発行・保有に関しての上限と注意点について解説させて頂きます。

ANAカードの保有枚数の上限

結論から言うと、ANAカードは最大9枚まで持つことができます。まず、カードブランド毎にVISA・Master・JCB・AMEX・Dinersの各1枚ずつ、計5枚を保有できます。その際のカード種類は一般・ゴールド・プレミアムなど、自由に選ぶことが出来ます。

この5枚とは別に『ソラチカカード(JCB)』『ANA VISA Suicaカード』『ANA VISA nimocaカード』『ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード』の4枚は別枠で持つことができるため最大9枚まで保有できます。

つまり、

①ANA VISAカード(一般~プレミアム)

②ANAマスターカード(一般~プレミアム)

③ANA JCBカード(一般~プレミアム)

④ANAアメリカン・エキスプレス®・カード(一般~プレミアム)

⑤ANAダイナースクラブカード(一般~プレミアム)

⑥ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

⑦ANA VISA Suicaカード

⑧ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

⑨ANA VISA nimoca カード

以上です。このカード以外にもANA提携カード(ヤマダ LABIや楽天ANAなど)が存在しますが、ANAのプロパーカードではないため入会特典などは受けられません。

複数保有する場合の注意点①マイレージ番号の統合

ANAカードは新規発行する毎にANAマイレージクラブ番号(以下AMC番号)が割り当てられるので、9枚発行すると9個のAMC番号を保有することになります。複数のAMC番号を保有する場合、自分で統合しないかぎり自動的に統合されることはありません。統合しないとカード毎にマイル口座が存在しマイルがバラバラに貯まる形になるので、統合して効率よく貯めるようにしましょう。

マイル口座の統合方法は、

①WEBで統合する(ANAマイレージクラブのサイト内検索から『マイル口座統合』で検索します)

②ANAマイレージクラブ サービスセンターに電話する

③新規カードの申込み時に、すでに保有しているAMC番号を入力する

以上があります。一見すると③が一番簡単に感じると思いますが、①②がおすすめです。理由はメインカードが変わってしまうからです。次で詳しく説明させて頂きます。

複数保有する場合の注意点②メインカードの変更

ANAカードを新規発行する際に、すでに保有しているAMC番号を入力した場合、基本的にメインカードは新しいAMC番号のカードに移ってしまいます。メインカードが移動した場合、出来る手続きが制限されてしまうので注意が必要です。

メインカードでないと出来ない手続きには、

①特典航空券の申込

②特典利用者登録

③国際線予約

④海外ツアー予約

以上があります。さらにメインカードがノンステータスのカードになると、上級会員特典などは受けられなくなります。(特典航空券の解放枠など)

SFCを持っていてもメインカードに登録していなければ意味がないのです。メインカードの変更は電話かWEBで出来ます。(WEBの場合は『マイメニュー』⇨『会員情報の登録・変更』⇨『メインカードの変更』で出来ます) 

複数保有する場合の注意点③年会費割引の利用は必須

複数保有する場合のメリットとして、入会特典を利用した大量マイルの獲得と毎年更新するたびに貰えるボーナスマイルの獲得があります。そのうち、更新時のボーナスマイルの獲得には必ず年会費が掛かってしまいます。

しかし、年会費割引をうまく使うと『ソラチカカード(JCB)』『ANA VISA Suicaカード』『ANA VISA nimocaカード』『ANA TOKYU POINTClubQ PASMO マスターカード』の4枚だけでも、最低限の年会費で毎年4,000マイルを獲得できます。

f:id:mmmmfly:20190228011252p:plain

カードブランド別の5枚の内、VISA・Master・JCBの3枚は同じように年会費割引が使えるので利用してください。(一部利用できないカードもあります)

JCBのスマリボは2019年4月から利用できます⇩

www.mmmmflyhateblo.net 

VISA・Masterはこちらのマイ・ペイすリボを参照⇩

www.mmmmflyhateblo.net

まとめ

ANAカードは最大で9枚まで持つことが可能です。複数枚を保有することで、毎年更新の度にボーナスマイルが貰えるのも特徴です。しかし最大のメリットは、ANAカードの入会特典を利用する事で大量マイルを獲得できる事です。

初年度無料のカードで入会特典だけを利用する事も出来ますので、ANAカードの新規発行は入会特典の内容を確認しタイミングを見て発行するようにしましょう!(現在はアメックスとJCBがキャンペーン中です) 

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


マイレージランキング 
www.mmmmflyhateblo.netwww.mmmmflyhateblo.netwww.mmmmflyhateblo.net www.mmmmflyhateblo.net 

【スポンサーリンク】