ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

【スポンサーリンク】

SPGアメックスでお得に宿泊できる大阪のマリオットグループ!ポイント数と現金で比較!

SPGアメックスのポイントを使えば、マリオットグループのホテルに無料で宿泊できるので、とってもお得です。(SPGアメックスの詳細はこちら⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net 

そんなポイントの有効利用を検討するために、現金での宿泊料金とポイント数を比較してみました。

先日は東京のマリオットグループホテルをご紹介しましたが、今回は大阪のホテルをご紹介させて頂きます。大都会の東京と大阪の違いはどれ程あるのでしょうか?ほぼ同じ時期で検証してみましたのでご参考にして下さい。(東京の料金・ポイントの詳細はこちら⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net 

1泊あたりの料金

では、さっそくご覧いただきましょう。1泊あたりの料金(円)です。

f:id:mmmmfly:20190203193729p:plain

f:id:mmmmfly:20190203193740p:plain

f:id:mmmmfly:20190203193753p:plain

f:id:mmmmfly:20190203193801p:plain

東京と違って結構リーズナブルです。(まぁ充分高いですけど)

東京のリッツカールトンは1泊11万円以上していたのが、大阪のリッツカールトンでは3万円台です。もちろん部屋の間取りなどは違うと思いますが、これ程までに差が付くとお得に感じちゃいますよね!

高級ホテルにお得に泊まれると考えれば、大阪のリッツカールトンはイイ感じです。

しかし、ポイント宿泊と考えると・・

先ほどのホテルに宿泊する際のポイント数を見てみましょう。

f:id:mmmmfly:20190204133941p:plain

f:id:mmmmfly:20190204133948p:plain

f:id:mmmmfly:20190204133954p:plain

f:id:mmmmfly:20190204133959p:plain

ポイントを利用して宿泊する際の必要ポイント数は、カテゴリーによって分けられています。1泊の料金が高くても安くても、同じカテゴリー数なら必要ポイントは変わりません。

例えば、東京のリッツカールトンは1泊11万円以上しますが、大阪のリッツカールトンは4万円を切っています。価格には3倍ほどの差がありますが、ホテルのカテゴリーは同じ7ですので必要ポイント数は60,000ポイントとなります。

どうですか?同じ60,000ポイントを支払うなら11万円のホテルに泊まりたいですよね。現金で泊まる場合とポイントで泊まる場合では、お得度は逆転すると覚えておきましょう。

検証の結果

ホテル料金を支払うなら大阪のマリオットグループホテルはお得ですが、ポイント宿泊なら東京の方がオススメですね。ただ、あのリッツカールトンに3万円台で宿泊できるのは、大阪ならではなのかもしれません。(お安いですよね)

もちろん、ホテル料金を支払うならSPGアメックスで決済してください。マリオットグループのホテル料金を支払う場合、ポイント還元率は18.5%になりますので取りこぼし厳禁ですよ! 

www.mmmmflyhateblo.net

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


マイレージランキング

 

www.mmmmflyhateblo.netwww.mmmmflyhateblo.net
www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net

【スポンサーリンク】