ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

【スポンサーリンク】

JAL国際線 特典航空券は2018年12月以降から変わります!新ルール『JAL国際線 特典航空券PLUS』を徹底解説!

f:id:mmmmfly:20180730121319p:plain

JALは2018年12月から『国際線 特典航空券』の発券ルールを変更予定です。

新ルール『JAL国際線 特典航空券PLUS』の詳細はまだ明らかになっていないですが、現在判明している中でどのように変わり、どのようなメリット・デメリットが出るのかを解説させて頂きます。

メリット①特典航空券は確実に取りやすくなる

一番大きなメリットはコレでしょう。新ルールの『JAL国際線 特典航空券PLUS』を導入することにより、これまでキャンセル待ちになっていた日程でも予約することが可能になります。

f:id:mmmmfly:20180713142206p:plain

しかし、こちらは後述するデメリットにも繋がります。私の個人的な意見としてはポジティブに捉えていますが、12月以降の正式なアナウンスがあるまでは何とも言えませんね。ただ、確実に予約を取れる可能性は高まったと言えそうです。

メリット②区間によっては必要マイル数が少なくなる

一部のエコノミークラスに限ってですが、必要マイル数が少なくなる区間があります。その数12区間の予定です。(以下は例)

f:id:mmmmfly:20180730130333p:plain

詳しくはこちら⇨基本マイル数一覧

 

こちらは単純に喜ばしい変更です。往復で1人につき11,000マイルもお得になりますので、家族合計で考えると結構なマイル数になります。

大まかなメリットは以上です。ここからは、『JAL国際線 特典航空券PLUS』導入の際の、ルール変更によるデメリットについてもお話しさせて頂きます。

デメリット①人気の区間・時期は必要マイル数の高騰が予想される

メリット①の副作用です。キャンセル待ちという制度を撤廃し、予約できる確率を上げるために『マイル相場の変動制』を取り入れたと考えるべきです。

基本マイル数は、おそらく初めの数席にしか適用されないでしょう。通常の航空券代が座席の残数によって変動するように、特典航空券の必要マイル数も同じように変動するようです。この事から、今まで通常マイルで取れていた座席に関しても多少の変動が見られると思います。(キャンセル待ちの分だけでは無いという意味です)

座席の残数によっては必要マイル数が7倍以上になる場合もあるので、高騰した場合は『eJALポイント』に交換して、普通に予約する方がお得になる場合も出てきます。(フライトマイルも貯まりますしねぇ)

これからは臨機応変な対応が大事になりそうです。

デメリット②キャンセル待ちはファーストクラスのみ

先ほどサラッと触れましたが、ファーストクラスを除いて『キャンセル待ちが不可』となりました。というより、ファーストクラスは『JAL国際線 特典航空券PLUS』の対象外となるため適用されません。

正直いうと、私はキャンセル待ちを利用したことが無いのでそれほどダメージを感じていません。ただ、今まで利用していた方には残念な変更となりました。

デメリット③予約の変更が不可になる

本当にこれは大ダメージです。今までは有効期限内なら何度でも変更が可能だったのですが、新ルールでは予約の変更は一切できなくなります。

もし変更の必要がでた場合は、一度キャンセルをして再び予約しないとダメという事です。その際にはキャンセル料として税込3,100円が必要となります。(日本以外の地区は3,100円相当額)

デメリット④利用区間によっては複数の予約を取る必要がある

今までは『往路・復路それぞれ国際2区間、国内1区間まで』という発券ルールがありました。変更後は『往路・復路それぞれ国際1区間、国内1区間まで』という風に変更されます。

例えばパリに行く場合、今までは『関空⇒羽田⇒フランクフルト⇒パリ』という旅程を1つの予約で取れました。(国内線1区間、国際線2区間)

変更後は『関空⇒羽田⇒フランクフルト』『フランクフルト⇒パリ』というように2つに分けて取らなければいけません。この場合、もしもキャンセルをする場合はキャンセル料が2区間分必要になります。地味にキツイ変更点ですね。

 

そのた変更点の一覧です。

f:id:mmmmfly:20180730143638p:plain

大事な部分は個別にあげた通りです。

まとめ

列挙するとデメリットの方が多くなりましたが、個人的にはそこまでネガティブに考えていません。もともと、朝一から画面に張り付いて予約する予定だったため『そこまで上昇しないかも』という希望を抱いています。

むしろ、少し高くなっても確実に取れるようになるなら『JAL国際線 特典航空券PLUS』は歓迎すべき変更なのかもしれません。(少しならですが)

詳しい内容は12月以降になりますが、臨機応変に対応するため少しでも多くマイルは貯めた方が良さそうですね。私も『毎月12,000JALマイル』を貯めて、必ずハワイへたどり着いてみせます!  

www.mmmmflyhateblo.net

 

 


にほんブログ村


マイレージランキング

 

www.mmmmflyhateblo.net
www.mmmmflyhateblo.net 
www.mmmmflyhateblo.net

【スポンサーリンク】