ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

プーケット マリオットリゾート&スパ メルリンビーチ滞在記!プール・海・朝食などの感想まとめ!

【スポンサーリンク】

今回の旅行では『プーケット マリオットリゾート&スパ メルリンビーチ』へ宿泊してきました。

こちらのホテルへは、プーケットで一番有名な『パトンビーチ』へのアクセスもしやすく、かつ少しだけ繁華街から離れる分だけ『ゆったりしたリゾート感』も味わえるかと思い、宿泊を決めたのです。

もちろん、私がマリオットの上級会員という事も関係していますけどね。(と言ってもSPGアメックスというカードを1枚作っただけですが) 

www.mmmmflyhateblo.net

 

結論から言うと、こちらのホテルは最高でした!宿泊施設・プール・食事など、どれもが最高級のリゾートホテルです!

私はまたプーケットに来る機会があれば、再訪したいと思いました!

今回はその理由や感想も含めてホテルをご紹介させて頂きます。

立地・周辺施設

プーケット空港からタクシーで約1時間ほど走ったところに『プーケット マリオットリゾート&スパ メルリンビーチ』はあります。(写真上部が空港。赤いポイントがホテル)

ホテルまでのルート

プーケットで一番の繁華街がある『パトンビーチ』へもタクシーで10分くらいの立地条件なので、『ジャンクセイロン』でお土産の購入や様々なショッピングを楽しんだり、夜はネオンの輝く『バングラ通り』周辺は、美味しいレストランが軒を連ねていますのでグルメも楽しめます。

また、ホテルとジャンクセイロンを往復するほぼ無料のシャトルバス(一部有料。予約要)も出ているので、街に出る場合はタクシーよりも安く利用できますよ。(私はゴールド会員なので全区間無料でした)

シャトルバス時刻表

ちなみに、ホテルの50ⅿほど隣には『ファミリーマート』もあるので、ちょっとジュースが飲みたい時や夜食の調達に便利でしたよ(笑)

エントランス・客室

ホテルに着いて早速迎えてくれたのは、リゾート感の溢れる素晴らしいエントランスでした。

エントランス

すぐにフロントへ向かい、ウェルカムドリンクを頂きながらチェックインをしました。

チェックインが完了し部屋へ向かう途中でも、ビリヤードや卓球などで遊んでいる家族を見かけます。

卓球・ビリヤード

やっぱりリゾートホテルは最高ですね!

 

部屋まで案内して頂き、扉を開けるとそこは素晴らしいお部屋でした。(アップグレードされたかは不明ですが、上の階でとても景色の良い部屋)

ベッド

部屋の中

可愛らしい友人もお迎えをしてくれていました。

ウェルカム

 

浴室はバスタブ付きです。

残念ながらトイレにウォシュレットは付いていません。

バスルーム

アメニティは『THANN』。安定のいい香りです。

なぜかサービスの『飲料水』が洗面にあったのは謎でした(笑)

 

バルコニーにはイスとテーブルがあり、タオルなどが干せる物干しもありました。

バルコニー

バルコニーからの景色も素晴らしく、プールを一望できアンダマン海まで見えます。

さらに右側には山も見え、自然がすべて揃った景色は『絵画のような景色』でした!

バルコニーからの景色

しかも、夜はナイトプールで遊ぶ方を見ながら、山からの鳥の鳴き声を聞き、夜風にあたって大自然に囲まれたリゾートを肌で感じることが出来ます

これは繁華街の中にあるホテルでは味わえない贅沢な感覚です!

プール・ビーチ

リゾートホテルと言えば『プール』と『ビーチ』ですよね。

『プーケット マリオットリゾート&スパ メルリンビーチ』のプールは大きく3つに分かれています。

ホテル全体図

私は中央と左側のプールで遊んでいました。(メインは左側)

左側のプールは浅いエリア深いエリアがあり、スライダーなどの遊具もあるため子連れの家族がメインで利用しています。

スライダー

遊具

私の部屋から見えていたプールですね。

こちら(左側)のプールと中央のプールは細い水路で繋がっています。(昼の営業時間中はシカの口から水が出ています)

水路

橋の下の水路を抜けると、水深の深い大人のプールへと繋がっています。

水深の深いプールの中央にはバーカウンターもあり、大人な雰囲気のリゾート感が漂っています。

バーカウンター

我が家は子供が小さいので、水路をくぐったり、浅いほうのプールでスライダーを滑ったりして楽しんでいました。

 

ビーチの方へはプールから直接向かう事ができ、途中には遊具やベンチなどもありました。

ベンチ・遊具

ここを抜けるとプライベートビーチが広がっています。

ビーチ

あいにく滞在中は波が高く泳げない日もあり、泳げる日も波が高いせいで水の透明度はイマイチでした。やはり雨季は海が荒いですね。

外人さん達は海に入るよりビーチでのんびりしたり、日焼けをするのがメインみたいなので関係なさそうでしたけど(笑)

ちなみに、宿泊者は欧米系とアジア系が半々ぐらいでした。「アジア人ばっかり!」という事もないので、外国に来た感も充分に感じられるはずです!

 

ビーチは白い砂浜で綺麗ですが、海の中は岩がある場所も多くマリンシューズは持っておいた方が良いでしょう。(干潮時のビーチ)

海

完全なプライベートビーチといった雰囲気で、ホテルの宿泊客しか利用しない点は子連れ旅行に安心ですよね。

朝食の場所・食事の種類

朝食会場

朝食は『MERCHANT KITCHEN』と『BEACH グリル』で迷ったのですが、最終的に規模の大きな『MERCHANT KITCHEN』で滞在中はお世話になりました。

 

『MERCHANT KITCHEN』へ着くとテーブルを中か外で選ぶのですが、1日は外で食べても良いんじゃないかと思います。

屋根もあるので暑くならないですし、やはりリゾートらしい朝食を1日は取ってみるのもアリですよね。

朝食・外

 

食事の種類はかなり豊富です。

フルーツはもちろん、シリアルやヨーグルト。(蜂蜜はハチの巣から絞りたてです)

フルーツ

ヨーグルト・蜂蜜

パンも様々な種類があり、クロワッサンやトースト・自分で切って焼くフランスパンなどもありました。

様々なパン

クロワッサン・トースト

もちろん、オムレツや目玉焼きを作ってくれるコーナーもあります。

こちらには『カリカリベーコン』もあり、私はこのぐらいの硬すぎない焼き加減がちょうどイイ感じでした。

オムレツ・目玉焼き

(たまにガッチガチのベーコンありますよね。あれ好きじゃないんです(^^ゞ)

 

そして、私がここの朝食で一番気に入っていたのが、自分で選べる『フォー』です。

とにかくダシが美味しくて、麺も『細麺』や『太麺』などを選んで何回も食べてしまいました!(点心もあります)

フォー

麺や具

フォーに入れる肉団子は、チキン・ポーク・ビーフなどの種類があります。

こちらで好みの麺や具材を選んで、銀色の器に入れて係の人に渡します。すると目の前で茹でてくれて完成させてくれるんです。

私はこれにハマって何回も食べちゃいました(笑)

コレ、超美味しいんですよ!ぜひ食べてみて下さい!

 

ちなみに『BEACH グリル』の方は、少しこじんまりとしていますが、開放的なデッキで食べる事ができる朝食場です。

BEACH グリル

ビーチサイドのデッキ

こちらもリゾート感があって良いですが、私は規模の大きなほうを選んじゃいました。

その他の施設

『プーケット マリオットリゾート&スパ メルリンビーチ』内には、様々な施設があります。

我が家は利用しませんでしたが、特に子供を預けられる『キッズクラブ』や『スパ』は良さそうでしたよ。

キッズクラブ

スパ

これらの他にも、ビリヤード卓球ができる場所、運動のできるフィットネスクラブもあり、この建物内で過ごすだけでも充分に楽しめるホテルになっています。

ホテルの中にもショップはありますが、ホテル横にもファミリーマートがあるので、ちょっとした物は十分揃いますよ。

まとめ

プールの景色

プーケット マリオットリゾート&スパ メルリンビーチ』は、パトンビーチへのアクセスもタクシーで10分ぐらいですし、少し離れる分だけ本当にのんびりできるリゾートホテルです。

ホテル内にプール・プライベートビーチもありますので、ここだけでリゾートを満喫できるはず!

私は、またプーケットに行く際は泊まりたいと思いました。本当にオススメできるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

(このカードがあれば、より良いホテルステイが楽しめるのでオススメですよ) 

www.mmmmflyhateblo.net

  

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


マイレージランキング  

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net

【スポンサーリンク】