ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

マイ・ペイすリボのボーナスポイントで最高還元率1.648%の最強カード!ANA VISA/Masterワイドゴールドカードを解説!

【スポンサーリンク】

今からご説明させて頂く『最高還元率1.648%』を生みだす方法とは、ANA VISAワイドゴールドカードを所有して『マイ・ペイすリボ』を利用し、少しでも還元率を高めようとする方法です!

ソラチカを使ったマイルを貯めるスピードには敵いませんが、カード決済では一番効率がいい方法だと思います!(ソラチカについては一番最後にリンクを貼っておきます)

f:id:mmmmfly:20180403202019j:plain

まずは、作戦を説明する前に基本的なカード情報から説明させて頂きます。

ANA VISA/Masterワイドゴールドカードとは

基本情報として、こちらのカードは1,000円利用で1ポイントが付きます。
1ポイントはANAマイルに直接移行で10マイルになります。なので、クレジット決済で得られるマイルは100円で1マイルです。
ANA VISAワイドゴールドカードで貯めたポイントは移行手数料が無料です!

f:id:mmmmfly:20180403201709j:plain

しかも、利用した店舗がANAと提携がある店舗だと、さらに別でマイルがもらえます。例えば『ENEOSで給油する』や『セブンイレブンで買い物をする』とクレジット決済のポイントと別で、100円につき1マイルがANAからもらえます。(提携店舗によっては200円1マイルなど確認要!)

こちらのカードには、電子マネーのIDが搭載されていますので、コンビニの支払いや自動販売機などの小銭の決済にも使えます!(マイルもポイントもらえます)
個人的にはチャージいらずのIDが便利すぎて、コンビニ支払いは全てIDです。

Edyはダメですよ!チャージ時に200円1マイルが付きますが、ポイントサービスは対象外になってしまいます!(一切もらえません)

さらにこのカードは、入会時毎年の継続時ボーナスマイルがもらえます!

f:id:mmmmfly:20180403201836j:plain

年会費を払い続けて継続する限りANAマイルがもらえます。『年会費は?』とお思いでしょうが、このカードのスゴイところは年会費に割引があるんです!
ANA VISA ワイドゴールドは、通常年会費14,000円+税ですが、マイ・ペイすリボWEB明細の登録で、9,500円+税になります。(家族カードも通常4,000円が2,500円に割引)

先ほどからの画像を見て頂いていると、プラチナの特典の大きさに目がいくと思いますが、ANA VISAプラチナプレミアムカードの年会費は80,000円+税となり割引はありません。さらに、決済額によるボーナスポイントもありません。この年会費の差を考えるとクレジット決済で、年間に何百万円使ったらお得感が出るのでしょうか?

そもそも、陸マイラーはクレジット決済でマイルを貯めていません。ポイントサイトを駆使してマイルを貯めるのがメインであって、どのカードでいくら使うかは深く考える必要がないのです。しかし、日々の生活費さえも効率よくマイルに変えるには、このANA VISA ワイドゴールドはとても頼りになります!

マイ・ペイすリボを使ってポイント2倍 

マイ・ペイすリボ』とは普通のリボ払いと違い、支払いを自分で調整できるシステムです。

f:id:mmmmfly:20161207202620j:plain

このサービスの凄いところは、月々のリボ払いの最低金額をカードの利用上限に設定できるところです。『なにが?』と思われた方、リボ払いの最低金額が利用上限という事は実質1回払いなんです!もちろん利息も発生しません

という事は、なんちゃってリボ払いなんです!これとウェブ明細を利用すれば年会費も安くなるので、当然みんな利用していました。(年会費の割引だけならこれでOK)

 

しかし、今回の作戦ではボーナスポイントの獲得を目指しているので、リボ払い手数料を発生させないとボーナスポイントは付与されません。

ボーナスポイントとは、利用金額が20万円の場合は通常ポイントが200ポイント付与されますが、リボ払い手数料を発生させることで、これと同額のボーナスポイントも200ポイント付与されるというものです。

f:id:mmmmfly:20161207205442j:plain

同じお支払いでポイントの2倍どりをする作戦なのです。ここで気になる手数料ですが、私は8,692円を残して90円の手数料(利息)でした。この程度です。

なんとなく、利息と聞くと心理的なハードルが上がったかもしれませんが、実はたいした金額ではありません。 

私の今回の支払いは8,692円となっていますが、実際は初回が1,500円以上それ以降は100円以上で、最低ラインはクリアできます。(不測の事態は分かりません)

ここで言う最低ラインとは、1円の手数料を発生させる金額です。逆に言うと1円以上発生させたらポイントは貰えます。 

しかし、実際はこのように細かく返済額は調整できません。それは、初めに設定した最低支払額からの調整は、臨時増額臨時減額のどちらかしか出来ないからです。

そして、臨時増額は千円単位で臨時減額は万円単位となっています。私の例は、上限に設定したままでの臨時減額だったので8,692円だったのです。

実は最近、私もマイ・ペイすリボの最低支払額を下げて臨時増額に変えました(^^ゞ

少しでも手数料を少なくしようとするなら、毎月絶対に使う金額より少し下げて設定しておき臨時増額の方が微調整できます。 

ここでの注意点ですが、ちょっとぐらい多めに払って下さい。ギリギリにして何かの事情で手数料が1円に満たない場合は、1ポイントも貰えなくなります。

しょせん微々たる手数料なので1,000円ぐらい残しましょう! 

 

そして、もうひとつの注意点はポイントには通常ポイントと、今回のボーナスポイントに分かれて付与されます。通常ポイントはANAへ直接移行1ポイント10マイルになりますが、ボーナスポイント1ポイント3マイルになります。ちょっとガッカリしますよね。

そこで使うのが『Gポイント経由ルート』です!ボーナスポイントのみを『Gポイント』➡『LINEポイント』➡『ソラチカ』➡『ANA』と経由することで、『1ポイント3マイル』だったボーナスポイントが『1ポイント4.05マイル』に上乗せできます!(通常ポイントじゃないですよ!通常ポイントは経由すると減りますからね!

(詳しくはこちらを参照⇩)

www.mmmmflyhateblo.net 

さらに、このカードには決済額によって翌年のステージが決まり、そのステージに応じたボーナスポイントももらえます!

f:id:mmmmfly:20161207114939j:plain

こちらのボーナスポイントも、Gポイント経由で上乗せしちゃいましょう!

これらを駆使することで、日々の生活費を効率よくマイルに変換していくのです。カード決済の多い方なら、なおさら必須アイテムと言えるのではないでしょうか?

 

ANA VISA ワイドゴールドは、こうして『還元率1.648%』という高還元率カードの地位を不動にしています!(さらに提携店舗ではマイルの上乗せがあります)

生活費のクレジットカード決済に不安を感じる方は、まずは公共料金の引き落としから始めてもいいかもしれません。

ただ単にお金を支払うより、ポイントで少しでも回収しましょう!そしてポイントをマイルに変えて空へ・・。それが陸マイラーです!

  


にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ 

www.mmmmflyhateblo.net  

www.mmmmflyhateblo.net
www.mmmmflyhateblo.net

【スポンサーリンク】