ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

【スポンサーリンク】

NEW年間30万以上のANAマイルをためる! ANAマイル交換ルートまとめ!LINEからnimocaまでを解説!

私の周りでもマイルを貯めてる人が現れました!やはり最近ではメジャーな話になって来てるんですね。
しかし、基本的に『飛行機に乗らずにマイルを貯める』と言っても、クレジットカード決済で貯めてる方がほとんどです!それでは立派な『陸マイラー』とは言えません!

そもそも『陸マイラー』とは、『ポイントサイト』を使って貯めたポイントを『マイル』に変えて『旅行をする人々』を指します!(まずはこちらを御覧ください。基本的な流れなどを解説しています⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net
私は上記の方法を使って、ポイントサイトで『現金』にも変える事ができるポイントを1年で50万円分以上貯めました!(なぜ現金に交換しないかも上の記事で)

確実に貯まるし使えます!皆さんも、ぜひ参考にしてください。
それでは、ポイントをマイルに交換するルートを詳しく説明させていただきます。

ポイントサイトって?利用方法は?

ポイントサイトとは経由することで、現金にも交換できるポイントが貰えるサイトの事です。(詳しくはこちら⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net

利用方法も簡単で、経由してアクションを起こせばポイントが貯まります。

基本的にポイントサイトを使ってマイルを貯める場合、『ヤフーショッピングや楽天市場で買い物する前に経由する』『年会費無料のクレジットカードを作る』『FX口座を開設する』『外食モニターで貯める』がメインになりますが、分かりやすいクレジットカードで説明させて頂きます。

 

ポイントサイト経由で年会費無料のクレジットカードを発行すると、1万円ほどのポイントが貰えます。この原資はクレジットカード会社の広告費から出ているので、安心して受け取ってください。あやしいお金じゃないですよ!

このポイントは現金にも交換できますが、陸マイラーはマイルに換えるのが基本です。それでは、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する手順を説明させて頂きます。まずは必須アイテムです。

ソラチカカード

陸マイラーを目指すなら、まずはこのカードのホルダーになる事から始めなくてはいけません!通称『ソラチカカード』です。

f:id:mmmmfly:20180401223930j:plain

なぜ必要かというと、ソラチカカードを保有することで『メトロポイント』を貯める事が可能になります。この『メトロポイント』を90%という高交換率でANAマイルに換えるためにこのカードが必要なのです。

f:id:mmmmfly:20180627094827p:plain

そして、ANAマイルを貯めるためにポイントサイトでポイントを貯めて『メトロポイント』に移行するのです。

※ソラチカ(ANA ToMe CARD PASMO JCB) の他にもToMeカードは色々あります。ですが、ソラチカ以外のToMeカードでは0.6倍にしかなりませんので、間違えて別のToMeカードを発行してしまわないように注意してください。(詳しくはこちら⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net 

このカードを利用したマイルの貯め方が王道なのですが、2018年3月末をもって今までの『ポイントサイトから直接ソラチカ(メトロポイント)』への交換ルートが封鎖されました。しかし、直接交換は出来なくなっても間接的にソラチカからANAマイルへ交換するルートは、今なお最高交換率となっています。 

それに、ソラチカを使わなくても高交換率でマイルを貯めることが出来るルートも新たに現れました。今回はそのルートも含めて紹介させて頂きます。

LINEルート

f:id:mmmmfly:20180328160200p:plain

LINEポイントはLINE Payでご利用の方が多いのではないでしょうか?このLINEポイントをANAマイルに交換するのが『LINEルート』です。

以前のソラチカルートは、ほぼ封鎖されますが『LINEポイントを使ったソラチカ(メトロポイント)ルート』だけは継続します!しかも交換率は81%!!以前のソラチカからは落ちますが、現在も最高交換率です!!

f:id:mmmmfly:20180308115507p:plain

逆に言うと『ソラチカルートを使ったANAマイル交換』はこの方法のみとなってしまいました。こちらもいつまで存続するか分かりませんが、現在のところ最高交換率でANAマイルに交換できるルートです。

ただ、その時に必須になるのが『Gポイント』と『PeX』なんです!

 

※よく見る『年間30万ANAマイル』というのは、『LINEルート』でハピタスの交換天井3万ポイントのうち22,300ポイント(LINEへの交換単位上この数字)を18,000マイルに交換し、残りの7,700ポイントを三井住友カードの60%移行で4,620マイルに交換すると、合計22,620ANAマイル✖12ヶ月で『年間271,440ANAマイル+α(クレジットカード決済など)=30万マイル以上』となるのです。

(ANAマイルを貯めるクレジットカードはこちら⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net

ここから先は一番交換率が高いルートの説明です。交換回数が面倒に感じたり、難しく感じる方は、後述する『そのた交換ルートまとめ』を参照ください。一番単純なルートの説明をさせて頂いております。

慣れれば簡単な交換も、初めて挑戦する場合には難しく面倒に感じてしまいますので、個人的にはそちらがオススメです。慣れれば『最高交換率』に挑戦して下さい。 

全てのポイントは『Gポイント』へ集約

『LINEルート』を使ってソラチカ回しを行う場合、他のポイントサイトのポイントを『LINEポイント』に変えないといけません。そこで必要になるのが『Gポイント』なんです!

『Gポイント』へ直接移行できるモッピーの場合こうなります。(おすすめ最短交換ルートです)

f:id:mmmmfly:20180308120256p:plain

GポイントからLINEポイントに移行する際に『5%の手数料』が発生します。ですが、この5%の手数料は『アンケート』や『楽天市場で買い物』をすると戻ってきますので、『実質100%移行』が可能なんです!(詳しくはこちら⇩)

ポイント交換手数料還元の仕組み|Gポイント

ポイントタウンを除いて全てのポイントサイトのポイントを『Gポイント』に交換して『LINEポイント』に移行させます!この交換ルートこそ今後の『ソラチカルート』となります!!なので『Gポイント』は必ず登録しましょう!(ポイントを貯めるにはアカウントが必要です)

www.gpoint.co.jp

モッピーを利用するルートが一番おすすめです。手間が少ないんで(^^ゞ

pc.moppy.jp

PeXの必要性

様々なポイントサイトのポイントを『Gポイント』に交換する場合、必ず経由しないといけないのが三井住友カードのポイント『ワールドプレゼント』となります!その『ワールドプレゼント』に交換するためには『PeX』が必須となるのです!この道は1本道で、ほとんどのポイントサイトがこのルートになります!!(全て等価移行)

f:id:mmmmfly:20180308150119p:plain

※重要

三井住友カードからの交換先に『ポイントタウン』が追加されました。ポイントタウンは『5%の手数料』が不要なので、『モッピー』『ちょびリッチ』以外のポイントサイトは『ポイントタウン』へ交換しましょう!

www.pointtown.com

 

『PeX』が無いと、どのポイントサイトで貯めても『ソラチカ回し』が出来ないのです!逆に言うと『PeXに交換できないポイントサイト』の優先順位はこれから下がっていくことになるでしょう!!(ポイントを貯めるにはアカウントが必要です)

pex.jp

ちなみに、三井住友VISA・Masterカードが必須となりますが、皆さん持ってますよね?ANAマイラーなら『ANA VISAワイドゴールド』や『SFC』・『Suica』・『TOP ClubQ PASMO』・『nimoca』のどれかはVISAかMasterCardで作ってるんじゃないでしょうか?持ってることを前提に進めていきますね~! 

www.mmmmflyhateblo.net 

さらに『PeX』は『nimocaポイント』に等価移行できるので、『nimocaポイント』⇒『ANAマイル』に70%で交換できる『nimocaルート』にも必須です!

nimocaルート

LINEルートよりは交換率が下がってしまいますが、ソラチカを使わないので『毎月の交換は20,000ポイント(18,000ANAマイル)まで』という交換天井が無くなるのが最大のメリットです。交換率は70%で『LINEルート』に次いで高交換率となっています。

短期間で大量のマイルが必要な場合や、『LINEルート』にまわすポイントが十分にある場合などはこちらを利用してみてはいかがでしょうか?

f:id:mmmmfly:20180328141821p:plain等価交換

今後を考えると『LINEルート』が封鎖された場合は、こちらをメインに交換するようになるかもしれません。最大のネックは、nimocaポイントからANAマイルへ交換するための『交換機が九州か函館にしかない』という事でしょう。ネットで交換申請ができないので交換機のある地域へ行かないといけません。年1回国内旅行にいきましょうか!

そのた交換ルートまとめ

交換回数を少なくしたい場合のルートや交換率を詳しく解説させて頂いてます。自分に合った交換ルートを探してください。

www.mmmmflyhateblo.net 

交換が面倒に感じた方にオススメのルートはこちら。 

www.mmmmflyhateblo.net 

まとめ

最終的な全体図はこの様になります

f:id:mmmmfly:20180718012334p:plain

この様に見てみると『ほとんどのポイントサイト』はPeXに交換しないといけません。これからはPeXがかなり重要になります。交換の手間を省きたい方は『モッピー』⇒『Gポイント』⇒『LINEルート』がオススメです。なぜなら『モッピー』はANAとJALに交換できるルートがあるので、一番初めに登録・利用するならモッピーから始めましょう。

pc.moppy.jp

ちなみに『PeX』と『ECナビ』は運営会社が同じなので、個人的には『ECナビ』も要チェックと感じています。
それに以前、『ポイント数を1桁間違える』という大盤振る舞いをした事があったのですが、その時も取り消しじゃなくて『満額付与』してもらいましたしね。けっこう信用しています(^^ゞ

ecnavi.jp

(個人的には食事モニターもおすすめです)

これからも色々な変更はあるでしょうが、臨機応変なポイント活動を全力で努めて参ります。さぁ、みんなで飛行機乗りまくろうよ!

 

 


にほんブログ村


マイレージランキング

 

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net

【スポンサーリンク】