ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

【スポンサーリンク】

SFCとJGCを附帯保険から検証してみます!さぁ、どっちがお得でSHOW!

f:id:mmmmfly:20180926212539j:plain


以前にSFCホルダーの目線からJGCを検証した記事を書かせて頂きました。 

www.mmmmflyhateblo.net 

今回はその時とは目線を変えて、クレジットカードの附帯保険から比較してみようと思いました。(最近は保険の比較に凝っていましたので)

その結果は家族構成によって差が出ることになりましたが、今回のメインは4人家族を想定しています。よって、ラウンジ利用などのサービスを家族全員で享受するために、本会員と家族カードを1枚ずつ発行した場合を想定させて頂いております。

それでは、年会費を含めた附帯保険の比較をご覧ください。

SFCゴールド【VISA/Master】の補償内容

基本情報として、SFCゴールドの年会費はカードブランドによって異なります。まずは最安のVISA/Masterからご覧ください。年会費は割引を受けると、本会員が10,500円(税別)と家族会員が6,000円(税別)になります。2枚で16,500円(税別)ですね。

補償内容は以前のおさらいになりますが、SFCゴールドVISA/Masterの附帯保険は家族特約が充実していません。 
f:id:mmmmfly:20181118134037p:plain

海外旅行保険の補償内容で重要な点は『傷害・疾病』の金額です。アジア圏でも300万円は欲しいところですが全然足りていません。他のカードとの合算が出来るとは言え、夫婦の補償は納得できますが子供の補償内容を考えると少ないですよね。

それではカードブランドを変えて見て頂きましょう。

SFCゴールド【JCB】の補償内容

カードブランドをJCBに変えると年会費の割引が無くなりますので、本会員15,000円(税別)と家族会員7,500円(税別)が掛かります。2枚で22,500円(税別)です。

ただ、補償内容は完全にJCBが上です。

f:id:mmmmfly:20181118140754p:plain

夫婦の『傷害・疾病』補償が最高300万円となり、子供の補償も最高200万円までに上がりました。附帯保険を考えるとJCB一択となりますが、そこは還元率なども含めて検討してください。(詳しくはこちら⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net 

※ちなみに、SFC一般カードには家族の補償が一切ありませんので、今回の検証からは外させて頂きました。(子供の補償なし)

夫婦だけの場合は年会費が本会員9,500円(税別)と家族会員2,500円(税別)で『傷害・疾病』が150万円の補償となっています。

JGC CLUB-Aカードの補償内容

以前の比較でも1番人気の『JGC CLUB-Aカード』で比較させて頂いたので、今回もコチラで比較しようと思ったのですが・・・

f:id:mmmmfly:20181118150024p:plain

なんと家族の補償は一切ありませんでした。夫婦だけなら本会員10,000円(税別)と家族会員も10,000円(税別)になりますが、補償は150万円まで付いています。

JGC CLUB-Aゴールドカード【VISA/Master】の補償内容

このままでは4人家族の比較にならないので、JGC CLUB-Aゴールドカードでも比較してみました。SFCと同じくゴールドになるとカードブランドで補償内容が変わります。

まずはVISA/Masterの補償内容をご覧ください。

f:id:mmmmfly:20181118150328p:plain

本会員は150万円でSFCと同じですが、家族の補償が3倍の150万円に上がっています。しかも、家族カードの発行をしなくても配偶者や19歳以上の子供・両親まで補償の対象になる優れものです。

ただ、ラウンジ利用などの特典を4人家族で受ける場合には家族カードの発行が必須ですので、そこまでお得になった感は無いかもですね。それに、JGC CLUB-AゴールドカードのJGC年会費は16,000円(税別)なので、1人でもパンチありますが家族カードを発行すると✖2となりますので強烈です。この差をどう感じるかは人それぞれですね。

JGC CLUB-Aゴールドカード【JCB】の補償内容

カードブランドをJCBにすると補償内容はさらに充実します。

f:id:mmmmfly:20181118152209p:plain

本会員と家族会員の『傷害・疾病』は最高300万円となり、家族の補償も最高200万円まで上がります。年会費はVISA/Masterと同じなので、JGC CLUB-Aゴールドカードを発行するならJCBの方がお得ですよね。もちろん家族構成にもよりますが、夫婦+子供2人を想定するなら1択でしょう。

ただし唯一の懸念は、JCBの売上高が世界シェアの約1%という点です。VISAが約56%でMasterが約26%という点を考えると、利用できる店舗に差があることは間違いないでしょう。(2015年時点)

まとめ

いかがでしたでしょうか?私の個人的な感想ですが、SFCってコスパ最強ですね!ゴールドであの年会費はやっぱりお得です!

それでも全てを賄える訳ではありませんので、複数のカードとの組み合わせをご検討ください。(おすすめの組み合わせカードはこちら⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net 

もちろん、行きたい旅行先やよく利用する空港の就航地によってSFCにするかJGCにするかは分かれると思いますが、このような観点からの比較が参考になれば幸いです。

 


にほんブログ村


マイレージランキング

 

www.mmmmflyhateblo.net  

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net www.mmmmflyhateblo.net

【スポンサーリンク】