ANAのケン

ANAのケン

ANAマイルは1年間で50万マイル以上貯めました。2018年からJALマイルも貯めています。 保有ステータスはANA SFC・マリオットゴールドエリート

MENU

ティーウェイ航空でグアム旅行!関空発LCCの注意点・料金など・まとめ!

【スポンサーリンク】

先日、家族でグアムに行ってきました。今回の飛行機はLCCです。

利用したのは『ティーウェイ航空』という韓国のLCCでした。希望の時刻の直行便は、関空発の『ティーウェイ航空』『チェジュ航空』『ユナイテッド航空』のみでしたが、ユナイテッドの金額は他2社と倍以上違います。口コミも悪くなかったので今回はティーウェイ航空を選びました!(楽天トラベルで料金比較!)

今回利用した際に感じた注意点を感想などを含めて報告させて頂きます。ぜひご参考にしてください。

(チェジュ航空との比較も参考にして下さい) 

www.mmmmflyhateblo.net

注意点①ターミナル

はじめの注意点は、『ティーウェイ航空』は第1ターミナルの4Fです!LCCといえば『第2ターミナル』というイメージですが、実はLCCのほとんどが第一ターミナルなので気を付けましょう!  

www.mmmmflyhateblo.net

でもコレはプラスポイントですよ!チェックイン後の時間を『第1ターミナル』の中で過ごせますから。『第2ターミナル』はどうしてもチープな作りですし、店舗数も少ないですからね~。

注意点②事前の座席指定不可の予約もある

ティーウェイ航空での注意点は、『事前に座席シートを指定できない予約もある』という事です。

以前は、公式サイト以外からの予約では『事前の座席指定は不可』だったのですが、2019年5月からはエクスペディアなどからの予約でも座席指定が可能になりました。(グアム便は600円~)

ただし少し注意点もあり、エクスペディアからの予約の場合は『ネットと電話のどちらからでも可能』なのに対し、JTBツアーからの予約の場合は『ネットのみ可能』となっています。さらに、予約を申し込む会社によっては『事前の座席指定が不可』の会社もありますので、ご注意ください。

その場合は、早くチェックインして指定する』しか方法は無いとの事です。小さいお子さんを連れて旅行の場合は、家族がバラバラになる可能性もあるので早めのチェックインを心掛けましょう。(私は2時間半以上まえに空港へ行きました)

注意点③機内持ち込み・預け荷物の制限と金額

LCCを利用する場合、手荷物の制限って気になりますよね。ティーウェイ航空のグアム路線では機内に持ち込める荷物の制限は以下の通りです。

≪大きさ≫ 3辺の合計が115㎝以内(55×40×20㎝以内)
≪重さ≫ 10㎏以内
≪個数≫ お一人様1個

結構大丈夫ですね。ANAと変わりが無いです。(もちろん機内持ち込みは無料

では、預け荷物の方はどうでしょう。

【日本⇔グアム線】
お預かりする手荷物はお一人様23KGまでを1個無料
但し、手荷物1個あたりの重量が32KG以内で、手荷物1個の3辺の和が203㎝未満とし、超える手荷物に関しては受託手荷物としてお預かりできませんので ご注意下さい。

こちらも1人1個まで無料で預けることが出来ます。LCCでは預け荷物は有料になる航空会社もあるので、ティーウェイ航空はかなり良心的と言えるでしょう。

ただし、重量の超過をしてしまうと1回あたり5,000円ほどを徴収されますので注意してください。

無料手荷物許容量を超過した手荷物は、以下の料金を頂きます。

【日本⇔グアム線】1回あたり
日本発 :5,000円
グアム発:50USD

チェックイン後

搭乗時間が近づいて来たので保安所を通過します。(手荷物検査場)

通過した後、いつも搭乗までの時間をどこで潰すか考えるのですが、その時間を快適に過ごせるのが『ラウンジ』です!  

ちなみに、『無料でアルコールや軽食が取れるラウンジ』があるのも第一ターミナルです!プライオリティパスがあればLCC搭乗時でもラウンジを利用できます! 

www.mmmmflyhateblo.net

その他は、LCC搭乗時には利用できませんが『各航空会社ラウンジ』があります。いろいろ見ていると・・・ありました!

f:id:mmmmfly:20190116202720j:plain

JALのラウンジですけどね・・。ティーウェイ航空の搭乗口がある『南ウィング』はJALしかありませんでした。(ANA派の私はビジネスに乗る時以外は利用できませんけど・・)

f:id:mmmmfly:20190116202739j:plain

ANAは反対側の北ウィングでした。

ちなみに、航空会社のラウンジには『上級会員orビジネスクラスへの搭乗』で入室できます。ですが、ANAカードには『スーパーフライヤーズカード(SFC)』というものが存在し、SFCを持っているとエコノミー利用時でも入室できるんです!(詳しくはこちら⇩) 

www.mmmmflyhateblo.net

(ANA・JALラウンジの中はこんな感じです⇩)

ついに決行!エアチャイナ・ビジネスクラスで行く『SINタッチ』!関西空港ラウンジ編(第一話) - ANAのケン

もちろん、ラウンジは航空会社以外もあります。

こちらは『カードラウンジ』といい、ゴールド以上のクレジットカードと航空券の提示で入れます!(アルコールは有料で軽食も無しです)

f:id:mmmmfly:20190116202805j:plain

『カードラウンジ』は近くにありましたので、そちらで時間を潰そうかと思ったのですが、子供たちには『こちら⇩』の方が魅力的なんでしょう・・。

f:id:mmmmfly:20190116202825j:plain

このエリアから一歩も出ずに搭乗時間になりました。

注意点④機内食

3つ目の注意点になりますが、もちろんLCCは無料の機内食がありませんので(有料で機内食を購入することは可能)各自調達しておきましょう!

今回はこちらを事前に購入しました。

f:id:mmmmfly:20190116202846j:plain

その他、いろいろ買いましたが『まい泉』美味しいですよね!

『空港限定』商品が売っていたので思わず買ってしまいました(^^ゞ

注意点⑤座席シート

搭乗するとティーウェイ航空にはビジネスクラスが設定されていませんでした。全てエコノミークラスです。(ティーウェイ航空のグアム路線はビジネスが存在しません)

そして座席シートは・・・

f:id:mmmmfly:20190116202904j:plain

スーパーエコノミーです!モニターすら省かれた究極の『エコノミーシート』でした。(このウサギは・・)

3つ目の注意点ですが、当然シートはかなり窮屈です!私の隣の人は『180㎝ぐらい』の大きな人で、シートに深く座っても前の座席に膝がめり込んでいました・・・。『地獄フライト』でしょうね~。

それに3~4時間のフライトと言っても、『モニター』が無いので映画も見れません!かなり暇になります!事前に『暇つぶしのアイテム』を用意しておきましょう!(Fire7はセールなら3,500円でタブレットを持てます) 

www.mmmmflyhateblo.net 

ちなみに、ティーウェイ航空はマイレージが貯まらない航空会社となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?何と言っても最大の注意点は『座席の事前指定ができない場合もある』という事でしょう。私は心配性なので往路は2時間半以上早く行ってチェックインに並びました。

結局、航空会社さんの配慮で『もともと1列』で取ってくれていましたが、『帰りは分からない』と言われ、復路は3時間以上前から空港にいました。そもそも我が家では早く空港に着く事が絶対条件ではありますが・・少し早くつきすぎましたね。(昔に乗り遅れそうになったことがあり、少しトラウマなんです(^^ゞ)

正直、今回はいつも以上に空港にいたので疲れました。座席指定ができれば、あと1時間はのんびり出来たはずです・・・。

 

まぁ結果、色々ありましたが『ティーウェイ航空』はLCCの中では良いのではないでしょうか!やっぱり『第1ターミナル』利用なのが良いですね!『旅行に行くぞ!』感が『第1ターミナル』のほうがあると思います!(個人の感想です)

あと、関空利用者はこちらを持っておくとお得ですよ!(様々な割引が受けられます)

www.mmmmflyhateblo.net 

しかし、次回からは貯めたANAマイルで『ユナイテッド航空』にタダで家族4人分の航空券を発行する予定ですので、LCCより安くモニター付きの飛行機に乗れるので今後の利用は未定です。

ちなみに、私は飛行機に乗ってマイレージを貯めていません。色々なポイントを貯めてマイルに交換し、昨年は30万マイル以上貯めました!(ということで発券しちゃいました)

f:id:mmmmfly:20190116202939j:plain

この航空券ほぼタダです。家族全員分を4回発券できるほど1年で貯まりました!マイルで旅行へ行けばLCCより安いですよ! 

※行ってきました! 

www.mmmmflyhateblo.net

www.mmmmflyhateblo.net

www.mmmmflyhateblo.net

www.mmmmflyhateblo.net 

 


にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ  

www.mmmmflyhateblo.net 

www.mmmmflyhateblo.net
www.mmmmflyhateblo.net  

www.mmmmflyhateblo.net

【スポンサーリンク】